HOME>オススメ情報>面倒な手続きなしに雰囲気の盛り上がる音楽を

無料で使用できる場合

スタジオ

店舗の雰囲気に合ったbgmを流せば顧客満足度が高くなり、ひいては売上の向上にもつながります。ただし音楽CDを使用する場合は、一件ごとにJASRACと契約を結び、著作権料を支払わなければなりません。面倒な上にコストもかかるので、手軽な方法を探している方も多いでしょう。最も簡単なのはラジオの放送をそのまま流すことで、これなら著作権料は発生しません。しかし一度録音したものを流すには許諾が必要です。またインターネットラジオは公衆放送ではないとされているため、許諾なしにbgmとして使うと違法になります。このように法的な解釈が複雑で、うっかり違反しがちなので要注意です。

店舗の種類別に選ぶ

音符

地上波のラジオをbgmにするのは手軽ですが、顧客によって好き嫌いが分かれますし、おしゃれな店などでは必ずしも雰囲気に合わないことも多いでしょう。店舗にふさわしい音楽をかけたいなら、bgm専門の有線放送や衛星ラジオなどを利用するのが簡単で便利です。いちいちJASRACと契約する手間が省けますし、豊富な楽曲の中から店の種類ごとに番組を選ぶことができるので、どんな業種でも失敗の少ない方法と言えるでしょう。

業務用の契約を結ぶ

機材

一般的なインターネットラジオをbgmにするときは著作権の問題が発生しますが、業務用bgm専門のインターネットラジオなら、個別の契約は不要になります。あらかじめ業者が一括して著作権料を支払っているため、利用者は何も気にせず好きな楽曲をかけられるわけです。ネット回線さえあれば他に特別な機材を導入する必要もなく、その日からすぐに利用できてコストがかからないことも、業務用インターネットラジオの利点と言えます。

広告募集中